基本的には痛みが出ている歯を優先する

様々な理由で、何本も虫歯になった時点でようやく歯科へ行くというケースがあります。たとえば、歯を抜かれたり、削られたりすることに恐怖心がある、あるいはお金がなく、痛み止めを飲んだ方が安上がりだったのでそうしていたといった場合です。

では、治療しないといけない歯がたくさんある場合、どういった順番で治療が行われるのでしょうか。基本的に患者と歯科医が話し合って決めることになりますが、たいていの場合、痛みがもっとも強い歯、あるいは痛みが出ている歯を優先することになります。ただ、前歯の目立つところに痛みはないものの、大きな虫歯があるという場合、ほかに痛みが出ている虫歯があっても、前歯の虫歯を先に治療することもあり得ます。

お金がなくて全部の虫歯を治せそうにない場合

もし、お金がなく、痛みが出ている歯だけを治してもらって、痛みがない虫歯は放置しておきたいと患者が考えた場合、歯科医は了承してくれるでしょうか。こういうケースでは、当然、お金がない患者に強くいって、無理矢理、治療を受けさせることはできないので、患者の考えが優先されます。また、まだできたばかりの虫歯であれば、痛みが出るまで進行するのに一年以上かかることも少なくないので、お金が貯まるまで放置するという選択肢もありだといえます。

ただ、本当に初期の虫歯であれば、少し削ってレジンを詰めるだけで治せて、治療時間もお金もあまりかからないので、ある程度無理をしてでも治療しておいた方がいいでしょう。

荻窪での歯科選びは、利用者からの評判が重要なチェックポイントで、治療技術や対応面などに定評がある所を選ぶことが重要です。