矯正治療でもインプラントの使用が増えている

インプラント治療と聞くと、歯周病などにより歯が弱ってしまったお年寄りのための歯科治療だと思い込んでいる人も多いはずです。しかし、歯並びを良くする矯正治療においても、インプラントは活用されており、年々インプラント矯正を行う患者も増えています。

従来の矯正治療とインプラント矯正とではどのような違いがあるのでしょうか?

インプラント矯正のメリット

インプラント矯正にはさまざまなメリットがありますが、マウスピースやワイヤーなどの矯正器具を使用せずに歯並びの治療が可能である点は、最も大きいメリットのひとつだと言えるでしょう。矯正治療は受けたいけれど、あまりにも目立ちすぎるマウスピースやワイヤーをつけるのは恥ずかしいという人も多いはずです。しかし、インプラント矯正ならそんな心配は無用です。

また、従来は抜歯するしか方法がなかった歯を抜かなくてすむのも、インプラント矯正の魅力です。従来の方法にくらべて、歯を移動させることができる距離が長いので、他の歯から極端に離れた場所に生えている歯を、抜歯せずに近づけることができます。インプラント矯正が誕生したことにより、歯並びは良くしたいけれど抜歯するのは嫌だという人も、安心して矯正できるようになりました。

まだ専門医が少なく、治療を受けられる歯科医院が少ないなどのデメリットもありますが、今後は治療を受けることができる歯科医院の数も増えるとみられており、引き続き注目しておくべき治療法であることは間違いないでしょう。

杉並区で行うインプラントは、実績豊富で評判の良いクリニックの中から選べるだけでなく、丁寧なカウンセリングや充実したアフターケアなどが期待できる点も魅力です。