ひどい虫歯は抜随処置のあとに義歯をかぶせて治す

虫歯がひどくなっているのに歯科へ行くことを拒む人が挙げる理由の一つに、歯を抜かれるのが怖いというものが挙げられます。しかし、ひどい虫歯は抜歯するという対処はかなり昔のやり方であり、現在は、歯が虫歯によって根元から折れたりせず、ある程度原型をとどめているならまず抜きません。ただ、痛みが強い場合は虫歯の部分だけを削るという処置では対処できないので、抜随という処置が行われます。これは歯の根元にある神経や血管を取り去ってしまうという治療で、痛みの原因がなくなるので、当然、痛み自体もなくなります。

では、神経を取ってまで歯を残すことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。一番大きなメリットは、義歯をかぶせることが可能になるというものです。

根を残せればそれを土台にできる

歯を根元から抜いてしまった場合、そこに義歯を入れるためには入れ歯を作るか、あるいは両隣の歯を削ってブリッジを入れる必要があります。しかし、入れ歯だと噛む力が弱いですし、ブリッジは健康の歯を削って土台にしないといけないので負担が大きいです。

ところが、ひどい虫歯になっても根を残すことができれば、それを土台にできるので、ブリッジのように両側の歯を削らずに済みます。噛む力は問題ないですし、ブリッジを入れるよりも治療費を抑えることが可能です。

なので、歯の大部分が虫歯で真っ黒になっていたとしても諦めて放置するのではなく、義歯をかぶせることを前提に、歯科で根の治療をしてもらうといいでしょう。

根管治療は虫歯の進行具合に応じて歯の神経を取り、歯の根っこを消毒して歯に薬を詰める事で、ばい菌が入らないようにする治療法です。